結婚祝いのメッセージにはどのようなものがベスト?

2019年1月11日

結婚祝いにメッセージを贈りたい!と思う場合もありますよね。結婚式や披露宴に行けないと事前に分かっている人や、招待されて参加もするけれど先にメッセージをしたい!と思うケースも。

ではどのような結婚祝いのメッセージを贈るのがベストなのでしょうか。その詳細についてご紹介していきましょう。

結婚祝いのメッセージはどういう形で贈る?

結婚祝いのメッセージは様々な形式で送ることができます。例えば可愛いカードを用意して贈るのも素敵ですね。友達と会う時に結婚祝いのメッセージを贈る場合は、可愛いカードを用意して渡せば、とても喜んでもらえるでしょう。

特に相手が女性なら、心に残る大切な宝物になりますよね。最近はあまり文字を書くことが、プライベートでは減ってきている人が多いですよね。このため、手紙を書いてみるのもひとつの方法。

全てネットで済ませられるような時代だからこそ、手書きでメッセージを書いてお洒落な封筒と便箋に書いて贈るのも、心が伝わりやすいのです。普段からLINEでやりとりをしているから、LINEでいいかな…と思うかもしれません。

でも普段とは違う伝え方をするからこそ、結婚祝いとして伝えたい思いが伝わるのです。

友達に結婚祝いのメッセージを伝えたい時

結婚祝い 友達

まずは名前を書いてから「ご結婚おめでとうございます」という内容を書いてみましょう。ここで「ついに〇〇ちゃんも結婚なんだ…」としみじみとした気持ちになる人は多いですよね。

そして、相手に対して伝えたい思いを考えてみましょう。いくつかのパターンを事前に考えておいて一番良いものを選ぶと、より素敵なメッセージ内容になるでしょう。「二人で明るい家庭を築いてね!」のように未来に向けたポジティブなメッセージが望ましいです。

自分との関係について書いてみる場合は「結婚してからも、たまにはお茶でもしようね」のように書くのも、結婚しても友情は変わらないという思いが伝わるので良いでしょう。

友達に書くものですから、あまり堅苦しい内容ではなくどちらかというと柔らかくて優しい雰囲気のものが良いですね。男性から女性の友達に贈る時も「これからも素敵な笑顔を忘れずに!」のように書いてみると、ちょっとカッコいいですよね。

上司や先輩へ贈るメッセージ

上司や先輩に結婚祝いのメッセージを贈る時には、失礼の無いように慎重にする必要があります。上司や先輩に対して尊敬の念を入れたメッセージを書くようにしましょう。

例えば「ご結婚おめでとうございます」の後に「お二人の末永い健康とご多幸をお祈りいたします」のように書けば安心です。「〇〇先輩のように配慮の出来る女性になれるように私も頑張ります」と書いても、後輩らしく可愛らしさを感じさせますね。

堅苦しいかな?と思うぐらいで良い場合もあるのです。実際に顔を見て渡すようなことも多いですから、この時には笑顔で渡すようにしましょう。そのため、内容はある程度堅苦しくてもメリハリを付けるのが大切に。

女性の上司や先輩の場合は、好きな色の雰囲気を知っていることも多いですから、そういうカードや便箋と封筒を選ぶようにしましょう。あまりピンクで派手なものになると、相手が恥ずかしく感じてしまいますので、落ち着いた色でありながら柔らかく女性らしさを感じるものが良いですね。

男性の上司や先輩の場合はブルーにしたいところですが、少し淋しい雰囲気もしますので、クリームイエローや淡いグリーンのカードなどを選ぶと良いでしょう。日頃の感謝の気持ちをメッセージに込めるのも良いですね。

同僚にメッセージを贈る時

同僚 メッセージ

同僚だから軽いノリでいいと思うかもしれませんが、友達で同僚ならまだしも友達ではない場合には、ある程度丁寧な言葉のメッセージが必要になります。

「ご結婚おめでとうございます」の後に「いつも優しい〇〇さんなら、必ず幸せな家庭を築けると思います」のように褒め言葉を入れながら、結婚祝いを伝えるのも相手にとっては嬉しいもの。

自分は普段どう見られているんだろう…と気にしている人は案外多いのです。そのためこういう時こそ、同僚の魅力について結婚祝いのメッセージとともに伝えるようにすると、相手の自信にもつながるでしょう。

部下や後輩に対してのメッセージ

部下や後輩だからと言って、上から目線でのメッセージは相手を傷つけてしまうので気を付けましょう。先輩らしさや上司らしさを無理に出す必要は無いのです。

ご結婚おめでとうございますと書いた後に「お二人のマイホームに遊びに行かせてくださいね」と書いてみるのも、親近感を与えるので良いですね。

または「温かい家庭を築いていってくださいね」と自分が既婚者なら伝えても良いでしょう。自分が独身か既婚かにより、後輩へのメッセージは少し違うものになる場合もあります。

結婚祝いのメッセージは心が伝わればOK

結婚祝いのメッセージは、必ずこうしなければというものではありません。「おめでとうございます」が伝えられれば十分でもあるのです。

そのうえで、相手に対して伝えたい自分の気持ちを言葉にしてみましょう。このメッセージを受け取ったら、どういう気持ちになるかなと考えたうえで、渡すのが必要になります。

良かれと思って書いた内容が少しきつい印象になる可能性もありますので、穏やかな言葉を意識すると良いですね。

素敵な余興ムービーに仕上げたい方へ

余興ムービーを作りたいけれど制作する時間のない方や、パソコンの編集が苦手な方は「特急余興ムービー」にご相談ください!

【特急余興ムービー編集代行の特徴】

・相談や素材はLINEでカンタンやり取り

・全国対応・ご料金は3万円から

・制作歴10年以上のプロが制作・アドバイス

最短翌日の納品実績もあるので、結婚式まで時間がない方にもお気軽にお問い合わせください。

弊社の制作実績やサービス内容知りたい方は、まずは詳細のほうをご確認ください。すぐに相談したいという方は、LINE登録をお願いします。

>>特急余興ムービー編集サービスの詳細はこちら 

余興ムービー 制作相談
LINE相談
>>LINEで相談したい方はこちら



また、お電話でのお問い合わせは0120-689-797までお願いします。

「余興ムービーのサイトを見た」とご連絡下さい。時間帯は8時~22時まで受け付けております。 加藤が電話に対応させて頂きます。

余興ムービーのお問い合わせ


参考にしたい動画のURLがありましたらお送りください