【コロナ禍での結婚式】出席するときに気を付けておきたいマナー

今回ご紹介するのは、コロナ禍における結婚式に招待されたときの対処方法です。

コロナウィルスの感染拡大により、予定していた結婚式を中止したり延期するなど対応に苦慮している新郎新婦さまが多くいます。ですが、その中でも感染対策をしっかりと行った上で結婚式を決行するカップルも少なくありません。

感染の心配もありますが大切な友だちの結婚式ですから、心からのお祝いの気持ちで出席してあげたいですよね。

そこで今回は、コロナ感染拡大の中での結婚式に招待されたゲストの方に向けて、参列前に是非知っておいて欲しいポイントをまとめてみました。

コロナ感染拡大の中での結婚式出席の返事のタイミング

結婚式 返事 電話

日々報道される感染者数に多くの新郎新婦さまは頭を抱えています。

  • 「このまま結婚式を決行してもよいんだろうか……」
  • 「結婚式に招待された人は、ホントは“行きたくない”と思ってるんじゃないかな……」

結婚式は挙げたいし、ひとりでも多くの人にお祝いしてもらいたい。けれど、コロナも気になる……。

何が正しいのか誰もわからない状態での結婚式実施は、新郎新婦さまはもちろん、親御様にとっても大きな気がかりです。

そこで結婚式に招待されたゲストが、新郎新婦さまに配慮してあげられるポイントは、まず招待状が届いたあとの返信のタイミング。

こんな時だからこそ……返信のタイミングは急がなくてもいい

結婚式の招待状が届いたら、返信期日を待たずにできるだけ早いタイミングで返信するのがマナーです。

いち早く返事をすることで「おめでとう!」「喜んで出席する!」「楽しみにしているよ」を伝えることができるから。

でもコロナの感染拡大が日々変動する中となれば話は別。
『出席はしてあげたいけど、周りの状況をみながら考えたい』
もしそう思っているのなら、新郎新婦さまにはできるだけ早くそのことを伝えてあげるようにしましょう。

招待状を送ってから、何のリアクションもないまま返信ハガキが届かない毎日は
「やっぱり結婚式に招待したのは迷惑だったかな……」
と、新郎新婦さまにとって心配が募る毎日になってしまいます。

ゲストの出欠の状況が気になり、そのことが大きなストレスとなってしまっている新郎新婦さまも少なくありません。

とはいえ、出席する側の立場としても「もし感染していて移してしまったら…」「結婚式でもし集団感染でもしてしまったら」と心配もあると思います。

「出席には前向き」であることを伝えた上で

「結婚式には出席したいと思っている」「けど、コロナもやっぱり心配で早くに返事することが難しい」というときには、新郎新婦さまに直接電話やメールでその気持ちを正直に伝えるようにしましょう。

またその際には「〇月〇日までに必ず返事するから」と返事のリミットも伝えてあげると、新郎新婦さまの結婚式準備にも余計な手間をかけずに済みます。

それに具体的に返信の期日を伝えておいたほうが、気兼ねせずゆっくり迷うことができますしね!

\ POINT /
出欠の返事の期日は、新郎新婦さまに相談しても◎
引出物や料理の手配を考慮し、新郎新婦さまにご迷惑にならない範囲で返事をしましょう。

コロナ禍での結婚式参列~ゲストが備える感染対策~

結婚式 出席 消毒

コロナの感染状況を踏まえた上で、結婚式に出席すると決めた場合には、以下のような備えをしておくと安心材料が増えますよ◎

スムーズに入場できない可能性もある

コロナ感染拡大により、結婚式場側でもガイドラインが設けられていて、とてもたくさんの感染予防対策が取られています。

その一つが、出席者全員への検温実施
式場内にウィルスを持ち込まないように、会場の入場口で検温を実施している式場がほとんどです。

ところが。
暑い中での検温は、規定の体温を上回ってしまうゲストが続出!
屋外という場所に加えて、暑い中移動してきてくれたゲストの体温は、平熱を上回ってしまう人も多いよう。

そのため「すみません、もう一度計り直しを」としている間にも、続々とゲストが到着し会場入り口には“長い列ができてしまって…”という事例もあります。

受付開始時間の前後のエントランス付近は混雑が予想されます
そのためできるだけ時間には余裕をもって式場に向かうことをおすすめします。

会場時間は式場によってことなり

  • 「受付時間の30分前から開場」
  • 「特に規定はない」
  • 「時間まで館内のラウンジで待っててOK」

と、対応はさまざまです。
その日に入っているほかの結婚式の組数などにもよって対応が違っている場合も。

事前に式場へ開場時間の問い合わせをしておくと安心ですよ!

感染予防に備えて

結婚式の間も、多くの式場はマスク着用がガイドラインで決められています。
とはいえ、料理も結婚式に出席するときの楽しみ。

基本的に食事中のマスクは外してもOK。
でも食事中の会話も少しきになるところですよね……。

そこでコロナ禍にこんなアイテムも登場☆

 

この投稿をInstagramで見る

 

りぼんウェディング(@ribbon_wedding)がシェアした投稿

見た目にも可愛く、そして飛沫感染を予防できるグッズとして話題に♪

またゲスト同士のカメラの貸し借りや、スタッフがゲストのカメラをお預かりして写真を撮る行為もガイドラインが設けられていてNGとされています。

そのため三脚や、スムーズにタイマー撮影を出来るよう使い方をマスタ―しておくなど事前準備をしておくと◎

結婚式当日は、式場側や新郎新婦さまからも感染予防グッズはたくさん準備されています。ですが、念のためにご自身でもアルコール消毒液などを持参しておくことをおすすめします。

余興にもさまざまな制約が…

そしてコロナ感染拡大により、結婚式の余興も様変わりしました。歌やダンスの余興は、密着や飛沫防止の観点から“できるだけ避けてほしい”とされています。

こちらの記事では、コロナ禍での結婚式余興について詳しくご紹介していますので、合わせて読んでいただけますと幸いです。

【コロナ禍での結婚式余興】感染予防をしながら祝福する方法

まとめ

コロナ感染拡大の中で行われる結婚式に出席するときのポイントをご紹介しました。

感染拡大状況が気になる場合は、結婚式の出欠の返事はすぐにしなくてもOK。
ただし新郎新婦さまには「すぐに返事が出来ないこと」「返事の期日はいつぐらいにすると迷惑にならないか」を確認した上で改めて返事をすると◎

結婚式当日は、時間に余裕をもって式場に向かうようにしましょう。
もし新郎新婦さまに余興を頼まれたときには、余興の内容に注意を!歌やダンスは感染予防の観点から“できるだけ控えてほしい”とされている可能性があります。

コロナ感染拡大の中とはいえ、大切な友だちの晴れの舞台です。さまざまな不安の中、やっと迎えられた結婚式ですから、感染予防を備えた上で心から祝福を贈りましょう!