結婚式の余興を面白くしたいアナタにピッタリ!面白い余興を作る5つのポイント!

せっかくの友人の結婚式だから、面白い余興をして式を盛り上げたいと考えていませんか?成功してみんなが笑ってくれれば、結婚式の雰囲気を一気に楽しく盛り上げることができます。

一方で、余興は一発勝負。余興の内容や、クオリティ次第では「スベった・・・」
なんてことや、結婚式の参加者に不快な思いをさせたりする可能性もあります。

失敗できない余興だからこそ、事前の情報集めが必要です。
今回は余興を面白いものにするための5つのポイントと、実際に盛り上った面白い余興をご紹介します!

面白い余興のためのポイント

結婚式に出席するとときどき、とても面白い余興をする方がいますよね?
しかし彼らはほとんどが新郎新婦の友人です。つまり、その道のプロでなくても参加者を楽しませることが可能です。まずは、面白い余興の共通点をご紹介します!

① やりたい余興のジャンルを絞る

結婚式の余興の種類にはいろいろなものがあります。
メジャーなものとして
・歌
・ダンス
・フラッシュモブ
・手作りムービー
などなど。
「これじゃなきゃ面白くない!」ということはありませんので、新郎新婦が喜びそうなこと、自分が得意な分野を基準に選びましょう。
マジックや漫才など分かりやすくてトリッキーなことをしてみるのも一つの手ですね!

② ひたすら練習してクオリティUP

結婚式の余興は準備が大切。準備せず、クオリティの低いまま余興をしても見ている側は「チーン・・・」な状態になるかも。

クオリティが高い余興は見ている側にとって、とても面白く気持ちのいいものになります。

ダンスであれば振りのキレや統一感、手作りムービーであれば細部にもこだわりを見せて「すごく練習したんだろうなー」「この動画、時間かかっただろうなー」と見ている側に感じさせましょう!

③ 堂々とした表情でやりきる

結婚式の余興には必ず「人」が登場します。
余興は堂々とした表情で、自身をもってやり遂げましょう!

恥かしがっている人がいたり、中途半端な動きをしていると見ている側がしらけてしまうこともあります。

④ 観衆をビックリさせる

余興では「ビックリさせること=面白い」につながります。
動画であれば、新郎新婦の昔の恩師や、会社の同僚のサプライズ登場などもウケます。

フラッシュモブなどは意外性のカタマリですから、面白さに繋がること間違いなしです!

⑤ 祝福の気持ちを忘れない

どんなに面白くても、「新郎新婦を祝福したい」「結婚式を盛り上げたい」という気持ちがこもっていなければ意味がありません。

ひとりよがりで周りを不快にさせる内容や、ただ服を脱いだりワイワイ騒ぐだけの余興は絶対にやめましょう。余興の目的を忘れずに。

また、結婚式は新郎・新婦それぞれの友人の顔合わせする場所でもあります
余興によって新郎新婦の顔に泥を塗らないように心がけましょう。

面白い余興5選

面白い余興のポイントを抑えたところで、ここからは筆者が選んだ面白い余興を5つご紹介します!

パロディ

ドラマや映画のシーン、芸人ネタなどを結婚式用にアレンジしたものです。
パロディの良いところは、お芝居のような見せ方になるため余興にストーリー性を持たせることができ、会場全体をその世界観に巻き込むことができるところです。

トレンドなものから、往年の名シーンなど、なるべく参加者みんなが知っているものにすることが大切です。また、お芝居のクオリティによって盛り上がりも変わってきます。

ドラマ「半沢直樹」のパロディ


【出典:YouTube

ドラマの登場人物の口調や特徴をとてもよくとらえていて、クオリティの高いパロディです。客席で芝居をして参加者を巻き込み、普段イジることのできない人をイジる意外性もあります。
クオリティや、意外性、時折みせるアドリブもとても面白く、この余興はかなり盛り上がったようですね!

サンシャイン池崎のパロディ


【出典:YouTube

時期は少し前のものですが、人気芸人のネタを真似、結婚式用にアレンジして
面白くしたものです。見た目・声の抑揚・動きの全てにおいてクオリティが高く、
その堂々とした表情から、一貫してブレずにやり遂げていて面白いです!

ダンス

結婚式の余興でよく目にしますよね。ダンスの良いところは人数の調節ができ、大人数でも参加できるところです。
ダンスはキレと統一感がクオリティにつながりますので、出演者で何度も集まって練習して本番に臨むのがベストです。

バブリーダンス


【出典:YouTube

近年、一世を風靡したバブリーダンス。この余興では全員のキレと統一感がハイレベルです。誰一人恥かしがることなく、表情が豊かで見ている側も楽しいですよね。

全員バレエダンサーのようで踊りには慣れているようですが、それでもこの統一感はなかなか出せるものではありません。
このスピード感とクオリティであれば、見ている側は一瞬たりとも目が離せなくなりそうです!

歌モノマネ

歌で祝福する余興は、ウェディングソングを上手に歌うのをよく目にしますが、
面白い余興にするため“モノマネ”をするのはいかがでしょうか。

もちろんクオリティが物を言いますが、とてもシンプルで面白い余興です。
モノマネができる人を集めてリレー形式でカラオケするとかも面白そうです。

中島みゆき「糸」 ※モノマネは3:04〜

【出典:YouTube

1人で何役もモノマネをしています。クオリティはプロレベルではないでしょうか。
動きをわざと大げさにしているところも面白く、観客のこころを掴むのがうまいです。
安心して楽しんでみることができ、みんな大盛り上がりですね!

アテレコムービー

著名人の映像と音声をすり替えて、結婚式用にアレンジしたものです。
アテレコムービーで面白くするには、映像と音声にギャップを作ること。

ギャップが大きければ大きいほど高確率でみんな楽しんでくれるはずです!

ビリーズブートキャンプ(アテレコ) ※アテレコムービーは3:23〜

【出典:YouTube

ビリーの動きを結婚生活あるあるにたとえていますね。「言われてみれば、そう見えなくもない」みたいなネタが面白いです。

アウトレイジ(アテレコ)

【出典:YouTube

任侠映画なので、「結婚式には向かないんじゃ・・・」と思いがちですが、映像とセリフのギャップがあり過ぎて物騒に見えません。意外性に富んだ面白い余興です。

余興ムービー

新郎新婦を祝福し、笑いも誘えて感動できる万能な余興。
余興ムービーは撮影・編集など大変な作業ですが、夫婦の一生の宝物になる事間違いなしです!

ニュース風ムービー


【出典:YouTube

新郎新婦の友人や関係者にインタビュー形式で思いを訪ねますが、事件のようなテンションに意外性を感じます。まるで本物の報道番組を見ているような錯覚があり面白いです。テンションは低めですが、コメントはみんな祝福ムードなので楽しめますね。

映画の告知風ムービー


【出典:YouTube

映画の告知風の余興ムービーです。一部本物の映像を交えながら、コミカル&スタイリッシュに新郎新婦を紹介しています。

疾走感やテンポがよく、本当の告知のようなクオリティで、楽しんでみる事ができる余興ムービーです!

まとめ

いかがでしたか?
余興をするときに大切なのは、紹介した5つのポイントと「結婚式を盛り上げるぞ!」という気持ちをもつことが肝心です。
それさえ守れていれば、きっとあなたの余興は成功することでしょう!