年間500本以上結婚式ムービーを制作している会社が選ぶ人気余興ムービー3選

2019年10月31日

「余興ムービーをつくりたいけど、どんな内容にすればいいのかわからない…」

「人気の余興ムービーを把握して、イメージを膨らませたいな」

こんな思いを抱いている方には、プロが選ぶ人気の余興ムービーがおすすめです。

1年に500本以上もの余興ムービーをつくるプロだからこそ、たくさんの事例を見たり、制作者の生の声を聞いたりしてきています。

このページは、「人気の余興ムービーを把握して、より良い動画を作りたい」と思っているあなたを力強くサポートするための記事です。

プロが厳選した3つの人気余興ムービーを見て、新郎新婦に感動を与えられる素晴らしい動画を作りましょう!

簡単!多くの仲間が祝福できるスケッチブックリレームービー


【出典:vimeo

「時間がないから、とにかく簡単に余興ムービーを作りたい!」という方には、スケッチブックリレームービーがおすすめ。

少ない時間で作れるにも関わらずたくさんの人の思いを届けられるので、新郎新婦にも大きな喜びを与えられます。

スケッチブックリレームービーを制作する際の難易度やコツなどについて、詳しく見ていきましょう。

制作難易度

★☆☆☆☆

制作に必要な準備期間

3週間
(頑張れば2週間でも制作可能!)

結婚式の余興ムービーとして簡単な理由

スケッチブックリレームービーは特別な用意練習不要なので、もっとも簡単に作れます。

歌やダンスのように事前練習をすることなく、本番も1テイクで撮れることが多いので、サクサクと撮影作業を進められるんです。

最低限の持ち物としてはスケッチブックペンカメラがあればひとまずOK。

あとは新郎新婦にゆかりのある人を訪ねてまわるだけで、余興ムービーの材料をそろえられます。

お祝いムードを盛り上げられる点も、スケッチブックリレームービーが人気を集める大きな理由。

遠く住んでいる友達でも、動画を送ってもらえば編集でつなげられます。

そのため、お祝いの言葉をいっぱい詰め込んで送れることが大きなメリット。

短い時間で新郎新婦に大きな喜びを与えたい方は、スケッチブックリレームービーを選んでください。

制作時のポイント

このムービーを撮る際には、見ている人に伝わりやすいメッセージを届けることを心がけてください。

スケッチブックを使う際には文字大きくして、見やすく書くことが大事です。

撮影されることに慣れていないと、スケッチブックを揺らしてしまいがち。

ぶれてしまって見づらくなると思いを伝えにくくなるので、上の動画のようにキレイな写真を撮っておくと良いでしょう。

また上の動画のように、口頭でメッセージを伝える際には大きな声でハッキリ、ゆっくりと話すことがポイント。

話している声が聞き取りづらいと、見ている人は無意識にストレスを感じてしまうので注意してください。

スケッチブックリレームービーの完成度を上げるコツは、手作り感を出すこと。

たとえば、スケッチブックに書き込んでいる様子を撮影したり、「ゆみといったら●●」といったやりとりを加えたりすると、見ている人に気持ちが伝わりやすくなります。

「しっかりとメッセージを伝えられる余興ムービーにしたい!」という方には、以下のページがおすすめです。

スケッチブックリレーの余興ムービーを作るコツについてわかりやすくお伝えしているので、ぜひあわせてご覧ください。

女性に人気!思いをメッチャこめられる「トリセツ」


【出典:vimeo

新婦に送る余興ムービーとして、上のような「トリセツ」の動画は大人気。

深い仲だからこそできる表現が新婦だけでなく、新郎やご家族の心も動かします。

そこで、「トリセツ」の余興ムービーについて、わかりやすく紹介していきますね。

制作難易度

★★★★☆
(友人とのエピソードを歌詞にするのが少し大変)

制作に必要な準備期間

1ヶ月半

結婚式の余興ムービーとして女性に人気がある理由

上の動画のように、「トリセツ」の余興ムービーは歌詞アレンジすることで新婦への思いを存分に表現できます。

「私はあなたのことをこれだけわかっているんだよ」といった気持ちを伝えられるため、女性に大人気の余興ムービーなのです。

新郎が知らない、友達ならではのエピソードを伝えることで、これまでの関係性を楽しく振り返れることが「トリセツ」ムービーの大きな魅力。

さらに大切な友達だからこそ、新郎にも大事にしてほしいとの願いも込められます。

新婦との絆の強さを表現し、今後もさらに仲を深めていきたいあなたは「トリセツ」の余興ムービーを選んでください。

制作時のポイント

「トリセツ」の余興ムービーは、新婦の特徴をうまく取り上げることが重要です。

失敗談面白かったエピソードなど、これまでの思い出を振り返って、楽しめるポイントを探しましょう。

上の動画のように、「酔っぱらうと社長にもタメ語になります 超フランク(笑)」など、失礼にならない範囲でネタにすれば笑いを誘いやすくなります。

また新婦が気持ちよく過ごせるような対処法や、愛情を深める接し方などを伝えることも良い余興ムービーにするためには重要です。

「誕生日には、プレゼントを与えることを忘れないで」、「いつも優しく話を聞いてあげて」など、
結婚生活をうまく送るためのコツを伝えることも盛り込みましょう。

撮影前の注意点としては、出演する人に西野カナさんのオリジナル曲をしっかりと聞いておいてもらうことが大事。

原曲を知らないと、歌詞をアレンジしたときにうまく歌えないことが考えられます。できれば事前に歌詞を渡しておいて練習してきてもらうと良いでしょう。

「トリセツ」の余興ムービーの作り方や完成度を高めるコツについては、以下の記事で詳しく解説していますので、ぜひあわせてご覧ください。

新郎から新婦へのサプライズに!「ゆかりの地めぐり」


【出典:vimeo

上の動画は、新郎が新婦に送ったサプライズムービーです。

小さいころの記憶が呼び起こされて感動してしまうこと間違いなしのこの動画。

大切な人との愛をさらに深めたい人に人気なので、見逃さないでください。

ここでは、「ゆかりの地めぐり」の制作について、わかりやすく解説していきますね。

制作難易度

★★★☆☆
(愛する人が歩んできた道をかみしめながら作れば、難しさもへっちゃら!)

制作に必要な準備期間

3週間

結婚式の余興ムービーとして新郎に人気がある理由

「ゆかりの地めぐり」は、大切な人のことを思いながら軌跡をたどれるステキな余興ムービー。

産まれたときの病院や小さいころに通った幼稚園小学校などを振り返ってもらうことで、今という時間がかけがえのないものだと伝えることができます。

このように、今までに過ごしてきた時間を振り返ってもらうことで、今後の結婚生活をより素晴らしいものにしたいという思いを伝えられる点が人気の秘訣。

上の動画のように、ラストシーンを会場に向かう演出にすることで、二人の新しい門出を良いものにしたいというメッセージを伝えられます。

愛する人との将来を大切にしたい人は、「ゆかりの地めぐり」の余興ムービーでたっぷりの愛情を伝えてください。

制作時のポイント

「ゆかりの地めぐり」のムービーを制作する際は、新婦が生きてきた人生をしっかりと把握することが大事。

そのためにも新婦のご両親に協力を仰ぎ、出産時の病院や通っていた学校などを教えてもらいましょう。

それと同時に、それぞれの出来事のときに起こったエピソードを聞かせてもらうことをおすすめします。

そういったエピソードが、「ゆかりの地めぐり」を編集する際に役立つからです。

上の画像のように、「お引越しして通った高須幼稚園」などのように、テロップで紹介する際の肉付けに効果を発揮します。

ご両親から新婦も知らなかった話を聞けたときには、とても貴重な思い出話として活躍してくれるでしょう。

また、学校などのなかに入って撮影をする際には許可を得る必要があることに注意してください。

勝手に入ってトラブルになってしまうと台無しになるので、事前に理由を説明し許可をもらいましょう。

運が良ければ担任の先生など、新婦にゆかりのある人にお祝いのメッセージをもらえるかもしれません。

新郎から新婦にサプライズムービーをプレゼントする際の事例やポイントについては、以下のページで詳しくお伝えしているので、ぜひご覧ください。

また、新郎から新婦にサプライズムービーを送る場合に限らず、「いろんなサプライズムービーが気になる!」という方は、以下の記事も参考になさってください。

二次会の余興でうまくサプライズムービーを届ける方法に関するページですが、さまざまなパターンを紹介しているので、お役立ていただけます。

年間500本以上結婚式ムービーを制作している会社が選ぶ人気余興ランキングのまとめ

人気の余興ムービーを押さえることで相手に大きな喜びを与えつつ、あなたの状況に合った動画を作る際の参考になります。

今回お伝えした3本の余興ムービーは、どれも相手にハッピーをあげられるものばかり。

そのため、結婚式までに確保できる時間やお気に入りの表現方法などをふまえて、どのジャンルを選ぶか検討してください。

余興ムービーを作る際には、最初のジャンル選びが肝心です。

余裕をもって制作を進めつつ、思いを伝えるベストな方法を探している方は、今回お伝えした人気の余興ムービーをもとにアイデアを広げていってくださいね!