プロフィールムービーのBGM決定版 結婚式を盛り上げるおすすめ選曲10選

2019年9月11日

新郎新婦の生い立ちや人柄、馴れ初めなどを紹介するプロフィールムービーは、結婚式に欠かせない重要な演出の一つです。

時に会場が爆笑の渦になるようなユーモアを織り込んだり、新郎新婦の親族や友人が涙するような感動的なシーンがあったり……

素敵な結婚式の一幕を飾るプロフィールムービーは、ぜひ手を抜かずに作りたいですよね。

会場を盛り上げるプロフィールムービー作りに欠かせないのが、テーマソングBGMの選曲。

今回は、これからプロフィールムービーを作ろうという方がぜひ知っておくべきおすすめの曲をご紹介します。

プロフィールムービー選曲のポイント

音楽は、人の心にダイレクトにアプローチする重要な演出要素です。たくさんの人たちの心に残るような素敵な披露宴にするため、曲選びには妥協したくありませんよね。

まずは、プロフィールムービーに使用する曲を選ぶ上での注意点を簡単に抑えておきましょう。

余興などで使う曲とかぶらないようにする

余興をしてくれる会社の同僚や友人など、出し物の内容を秘密にしてサプライズにしたい──と考えるケースも少なくありません。

ですから、使用曲や内容などを直接きくのが難しいというケースもあるでしょう。

そういう場合は、式場直接たずねてみてください。式場の方では、披露宴のすべての流れや内容、照明演出から使用する音楽まですべて把握している場合がほとんどです。

著作権に注意する

音楽の著作権は、作品の権利者の権利を守る法律です。この著作権の関係から、プロフィールムービーに使える曲と使えない曲があります。

著作権で保護されている曲は、権利者やそれを管理する者、あるいは使用を許されている者に規定の手続きを行うことで、使用できるようになります。

また、著作者が亡くなってから70年が経過したものは権利の保護期間が終了し、誰でもその曲を使用することができるようになります。

そのほかネット上で著作権フリーと明記されている曲などもプロフィールムービーに使用することができます

詳しくはこちらのページをご覧ください。

有名な曲を選ぶ

人は、自分が知っているものに安心して心を許し、未知なものには警戒したり不快感を示したりする傾向があります。

せっかくの披露宴も、一部の身内にしか通用しない内輪ネタを乱発すると、周囲の人たちがおいてけぼりになって興ざめなんてことも……

そうならないよう、誰もが知っているような有名な曲や、キャッチーでわかりやすい曲を選びましょう。

「この曲、知ってる!」という共感が生まれるだけで、会場の雰囲気が一気に高まりますよ。

プロフィールムービーに使いやすい曲の特徴

プロフィールムービーに使いやすい曲の特徴としてはまず「有名な曲であること」のほか、
結婚に関するメッセージ性テーマ性を持っている曲であることや、メリハリがはっきりしていることなどがあげられます。

曲のメッセージ性やテーマ性がはっきりしていると、プロフィールムービーに込めるメッセージやテーマも決まりやすくなりますし、ムービーの構成もイメージしやすくなります。

また、曲のメリハリがはっきりしていると、「ここで感動を誘いたい」「ここでユーモアを出したい」といったポイントに映像を合わせやすくなります。

また、「自分が気に入っている曲を採用する」というのも大切です。気に入っている曲だと、イメージがわきやすくなるからです。

構成に悩まずに済んだり映像を合わせやすかったりといったメリットに期待できます。

迷いのない一本筋の通ったプロフィールムービーを作るなら、変に打算的になるよりも素直に「好き」と思える曲を採用した方がうまくいくものですよ。

プロフィールムービー用おすすめ曲10選

①愛を込めて花束を/Superfly


【出典:YouTube

近年、結婚式で大人気の定番曲で、愛を謳うこの歌は新郎新婦の共感を呼びやすいのが特徴です。新郎新婦に近しい人ほど涙しやすい曲なので、新郎新婦やそのご両親に感動してもらいたい場合にぴったりですね。

②Can you celebrate?/安室奈美恵


【出典:YouTube

安室奈美恵さんの9枚目のシングルとなるこの曲は、1997年にリリースされてからというもの、ずっと結婚式の代名詞として多くの人々の感動を誘ってきました。

新婦が披露宴でこの曲を歌い、感極まって涙する光景は珍しくありませんね。プロフィールムービーのクライマックスを飾ることができる名曲です。

③蕾/コブクロ


【出典:YouTube

メッセージ性の強いこの曲は感涙必死。特に苦労をともにしてきた新郎新婦やご家族などの心に響きやすいのが特徴です。

新郎新婦が乗り越えてきた壁や人生の痛みなどを織り込み、晴れの舞台をお祝いする感動的なプロフィールムービーにうってつけですね。

④Dear Bride/西野カナ


【出典:YouTube

友人が新婦さんを祝福するという内容のこの曲は、新郎新婦の友人の方が余興としてプロフィールムービーを作るのに最適です。

しっとりしながらも爽やかな曲調は、涙と笑顔を同時に演出しやすくとても使いやすいですよ。プロフィールムービーのBGM定番曲といえるでしょう。

⑤キセキ/GreeeeN


【出典:YouTube

次にご紹介する曲は、プロフィールムービー定番中の定番、GreeeeNのキセキです。アップテンポなこの曲は、これから始まる新郎新婦の幸せな日々を予感させます。

さまざまなテーマに合わせやすい曲なので、プロフィールムービー用の曲候補として押さえておいて損はありませんよ。

⑥恋/星野源


【出典:YouTube

2016年にリリースされたこの曲は、テレビドラマ主題歌に使用されるなど人気を博しましたのは記憶に新しいですよね。

結婚式のプロフィールムービーや余興ムービーなどに使われることも多く、特に明るくオシャレな雰囲気のムービーにしたい方におすすめ

会場がポップでほっこり幸せなムードに包まれること間違いなし!

⑦Butterfly/木村カエラ


【出典:YouTube

透き通るような美しい歌声が特徴的な女性シンガー、木村カエラさんによる、まさに結婚をテーマにした曲です。

女性シンガーの歌ではありますが、男性目線、女性目線どちらにも使える歌詞で、プロフィールムービーのクライマックスにぜひとも採用したい曲の一つ。

曲の展開も壮大で、感動的なシーンを盛り上げて感動を誘うのにぴったりです。

⑧家族になろうよ/福山雅治


【出典:YouTube

こちらもまさに結婚をテーマにした曲です。福山雅治さんの深くしっとりとした歌声につい聞き入ってしまいますが、実は新婦側の女性目線で歌った曲。

男性目線はもちろん、女性目線でのプロフィールムービー制作、あるいは友人など第三者目線でプロフィールムービーを作る際にも選びやすいのが特徴です。

有名な曲ですから、会場の人たちの共感を呼びやすいのもいいですね。

⑨マリーゴールド/あいみょん


【出典:YouTube

近年大ブレイク中のあいみょんさん。

そよ風が肌をなでるような、優しく流れる曲調が特徴のこの曲は、プロフィールムービーで新郎新婦の生い立ちをダイジェストで紹介したり、エンドロールで流したりするのにうってつけです。

特に感動で涙するようなプロフィールムービーの場合は、エンドロールでこの曲を流し、明るい雰囲気で締めるのがおすすめ。

⑩斉藤和義/歌うたいのバラッド


【出典:YouTube

最後にご紹介するのは、斉藤和義さんの歌うたいのバラッドです。斉藤和義さんは若い方だけでなく、年配の方にも熱心なファンを持つシンガーソングライター。

新郎新婦のお父さんお母さんや親族の方、会社の上司など、40代から50代、60代の方にアプローチするのにいいですね。

愛をしっとりと謳うこの曲は、新郎新婦の馴れ初めを感動的に演出するのに最適ですよ。