【余興のお願いの方法】いつ?誰に?からアフターフォローのポイントも解説

2016年6月5日

結婚式の盛り上げに大きな役割をするのがご存知の通り余興です。

そのため余興をお願いする人探しも慎重になりますよね。

また余興のお願いは「依頼をしておわり」ではなく、そのあとのアフターフォローも大切です。

そこで今回は余興のお願いを『いつ』『誰に』『どんな方法で』お願いするべきなのか、また結婚式当日を迎えるまでの余興をしてくださる方のサポートの方法、さらにはお礼の仕方までをまとめてみました。

一番大切なことは誰にお願いをするか?

結婚式の出席をお願いしているゲストの中に、人前で歌ったり、踊ったり得意なお友達はいますか?

もしいるのであれば、その方は適任ですね!

いつも笑いの中心にいるような人、新郎新婦のことをよく知っている人なども余興を引き受けてくれやすい人かもしれません。

でも、ゲストの中には人前に出るのが苦手だったり、何かを企画することが苦手な人もいますよね。

本心では苦手でも
「大切な友達のお願いなら……」
と、もしかしたら無理をして受け入れてくれるかもしれません。

ですから出来れば、あまり無理をさせず、ノリ気で受けてくれる人にお願いしましょう!

余興をお願いするタイミングはいつがベスト?

余興を友人にお願いする場合には、遅くても結婚式の3ヶ月前には依頼します。

まずは直接口頭で依頼をした上で、結婚式の2ヶ月前に投函する招待状の中に余興の依頼をする『付箋』を同封し、正式なカタチで改めてお願いをします。

 

●POINT:『付箋』とは
「結婚式当日 余興をお願いします」
など個別にゲストへ依頼をするカードのことです。
結婚式の招待状に同封します。

大切な結婚式の余興に関する依頼ですので、メールやSNSを通しての依頼は、マナー違反です。

直接会って依頼をするようにしましょう。

余興はお願いして終わりではない!

余興をお願いするときには、披露宴の進行や会場の情報を詳細に伝えることが大切です。

  • 余興の所要時間
  • 余興で使えるスペースの広さ
  • 担当者の名前と会場の連絡先

また、余興のタイミングは結婚式の中でも、中盤なのか後半なのかなどを伝えてあげると親切です。

余興するゲストは、自身の出番のタイミングが分かっていれば、それまでゆっくり食事を楽しむことができますし、余興のための着替えのタイミングも見計らうことができますからね!

また余興をしてくれるお友達がサプライズを考えているようであれば、結婚式の担当者と連絡先を知りたいものです。プランナーさんとのやりとりは直接ご友人が行ってもらえるようにしておくと良いでしょう。

余興をお願いするときには余興の依頼だけで終わるのではなく、余興をしやすい環境を整えてあげることも大切です。

余興のお礼はいつ?相場は?

余興は内容によっては、何度も練習をしたり、何か出し物をしてくれる場合には、費用もかかる場合があります。

結婚式当日も、その準備などでいそがしく
「せっかくのお料理がゆっくり食べられなかった……」
なんてコトが、余興を依頼された人にはよくある風景です。

準備から本番まで頑張って準備してくれた友だちには、しっかりお礼をするのも忘れないでおきたいですね。

▷結婚式当日に余興のお礼をする場合
新郎新婦さまはいそがしく、余興をしてくださったゲストへお礼をするタイミングが取れないかもしれません。そのためご両親からお友達にお礼をしていただきましょう。

▷結婚式の後日に余興のお礼をする場合
新郎新婦さまがお礼の気持ちを込めて食事会を開催しても◎
新居に招待したり、レストランでお食事をご馳走するのもおすすめです。

またお礼の品については、相場としては3,000円〜5,000円程度が一般的です。

ただし余興の内容や、人数によってもお礼の相場は大きく異なります。

例えば、プロのパフォーマンスほどの腕がある人には、ギャランティーの相場くらいのお礼が必要に。

一方、大人数でダンスを披露してくれたお友達なら、個別にプレゼントを渡したり、みんなに食事をご馳走するカップルも。

結婚式当日に渡すお礼であれば、引き出物などの手荷物がたくさんあるので、商品券などかさばらないものが喜ばれます。

また後日渡す際には、事前に何か欲しいものがあれば、リサーチしてプレゼントするのもきっと喜ばれますね!

まとめ

結婚式にとって、余興は重要な役割をしているとわかっているからこそ、お願いする側もされる側も真剣です。
お願いするときには、誠意を持ってしっかり丁寧にお願いをすることと、終わった後の心からのお礼の気持ちを伝えることがとても大切です。

お友達の余興で結婚式が尚一層盛り上がり、新郎新婦にもお友達にもゲスト全員にとって思い出の結婚式となると良いですね♩