【新婦から新郎へサプライズ】成功に向けた4つの秘訣

「結婚式では新郎から新婦にサプライズ」
そんな光景はよく見るようになりましたね。

進行表に載っていない突然のサプライズは、新婦さまにとって忘れられない一瞬に。
そんな幸せな思いを新郎さまにもしてもらいませんか?

そこで今回は、新婦さまから新郎さまへのサプライズについてご紹介します。

新婦さまから新郎さまへのサプライズを成功させるためのハウツーから、おすすめサプライズネタまで、ふたりの結婚式をより思い出深くするためのサプライズ演出をご紹介します!

サプライズ成功の秘訣 その1・「新郎にサプライズがしたい!」と思ったらまずは

プランナー 相談
「彼にサプライズがしたいなー」と思ったら、まずは担当のプランナーさんに相談します。

担当のプランナーさんは、披露宴全体のプログラムも新郎新婦さまおふたりと一緒に考えます。

披露宴のプログラムには‘起承転結’があり

  • 盛り上がるところ(演出の時間)
  • ゆっくりするところ(食事の時間)
  • 感動を誘うところ(手紙やサプライズなど)

実は、これらのバランスを考えながら組まれていくんですよ。

だから『どんなサプライズを』『どの場面に入れるか』はとても重要。

「彼にサプライズをしたいんですけど……」
と担当のプランナーさんに軽く相談するだけで、サプライズ内容をアドバイスしてくれたり、どのくらいの所要時間のサプライズがベストなのかなど、新郎さまへのサプライズ成功に向けた心強い味方になってくれるはずです!

サプライズ成功の秘訣 その2・新郎へのサプライズは何をする?

新郎へのサプライズ
次に考えるのは、サプライズの内容です。
ここでは元プランナーの筆者から、新郎さまへのおすすめサプライズ演出を厳選してご紹介します。

サプライズの内容を考えるときには

  • ふたりだけの時間にサプライズ
  • ゲストに見守られながらサプライズ

と、結婚式当日どのタイミングでサプライズをしたいのかも、サプライズの内容を考えるときのヒントになりますよ。

では、新婦さまから新郎さまへのおすすめサプライズをご紹介しましょう。

サプライズレター

ふたりだけの時間に、じっくり新郎さまへサプライズをしたいなら、おすすめは『サプライズレター』。

「大勢の前でサプライズだなんて、恥ずかしい」
と思う新婦さまにはおすすめです!

サプライズレターとは、文字通りサプライズのお手紙を新郎さまに贈ること。

おすすめのタイミングは、結婚式がはじまる前の新婦さまのお仕度が整いドレス姿になったあとの『ファーストミート』のタイミング

 

この投稿をInstagramで見る

 

manami(@manamiwd42)がシェアした投稿

ファーストミートのあとに、お手紙を読んであげてください。
初めて見る新婦さまのドレス姿に感動、そしてさらにお手紙で感動と、新郎さまにとっては一生忘れられない一瞬になるはず!

隣にいることが当たり前になっている今だからこそ、普段伝えられない想いを手紙に託してみませんか?

トランプレター

元は海外でトレンドになっていた『52 Reasons I love you』というラブレターのスタイルを西野カナさんの「あなたの好きなところ」で使われ人気になった『トランプレター』。

まずは西野カナさんのプロモーションビデオから見てみましょう。

‘あなたの好きなところ’をトランプに込めたとてもキュートな曲です。
結婚式では、新婦さまから新郎さまへ52枚のトランプに込めて贈るサプライズとして人気になりました。

演出ムービーとして、このプロモーションビデオに合わせてサプライズムービーを作るのもおすすめです。

こちらは弊社が制作させていただいた新郎さまへのサプライズムービー。

新郎さまにまつわるたくさんの方々からのメッセージが集められています。
新婦さまだけではなく、多くの方々から見守ってもらっているんだと実感できるサプライズムービーですね。

『伝えたいこと』を込めたサプライズムービー

結婚を機に、‘これまでのこと’そして‘この先のこと’を彼に伝えてみませんか?

このサプライズムービーでは
「ちょっと変わって欲しいところ」
「お願いしたいこと」
など6つの伝えたいことが、温かいタッチのイラストと共に描かれていますよ。

一枚一枚イラストを描いて編集されたものだそう!
ふたりの何気ない日常とこの先の未来がイメージでき、まさに‘幸せのお裾分け’が伝わるハートフルなサプライズムービーに仕上がっています。

新郎家族からのメッセージムービー

こちらの新郎さまへのサプライズムービーは、新婦さまがお色直し退場中に流されたものだそうです。

おばあちゃん子の新郎さまのために、新婦さまが新郎さまのおばあちゃんをはじめ、ご家族にお手紙を書いてもらいサプライズムービーとして流されました。

このサプライズムービーのあとは、大好きなおばあちゃんにエスコートされ新郎さまの退場に。

ご両親だからこそ伝えられる幼少期の思い出や、その時の心境。
当時は知ることがなかったご両親の深い愛情が、一文字一文字綴られていて、新郎さまはもちろん、見守るゲストの感動も誘うサプライズムービーになっています。

写真や映像は使わず、あえて文字だけが流れるところもメッセージ性が強く伝わり◎です!

サプライズ成功の秘訣 その3・結婚式当日を迎えるまでに注意しておくべきこと

サプライズ前 注意すること
サプライズの内容が決まり、準備が整ったとしてもまだまだ安心してはいけません!
結婚式当日、新郎さまへのサプライズを成功させるためには注意しておくべきことがあります。

サプライズのはずが……

サプライズでいちばん避けたいことは、結婚式までに新郎さまにサプライズがバレてしまうこと。

実は、意外とこのハプニングが多いんです……。

特にサプライズに協力してくれる人の人数が多ければ多いほど
「うっかり〇〇(新郎さま)に言っちゃって」
と、せっかくのサプライズが台無しになってしまう確率も高くなります。

サプライズにご協力をいただいたみなさまにはくれぐれも『これは新郎へのサプライズです』ということを伝え忘れないようにしましょう。

以前担当させていただいた新郎新婦さまで、事前に新郎さまがサプライズに気づいてしまい、結婚式当日は‘サプライズに驚くフリ’をしてくださっていた新郎さまがおられました。

事前にバレてしまっては、感動も半減ですからね……。

サプライズムービーが流れない!

せっかく新郎さまへサプライズムービーを頑張って作っても、結婚式当日「流れない」なんて事態になっては大変です。

手作りしたサプライズムービーは、必ず事前に式場で試写をするようにしましょう。

もし試写に成功したら、そのまま担当のプランナーさんに預かってもらってもOK。
結婚式の日、新郎さまのいないタイミングを見計らって渡す手間も減りますよ!

サプライズ成功の秘訣 その4・「サプライズの様子を見ることができない!」そんなときには

サプライズ 撮影
新婦さまがお色直し中など見えないところで新郎さまへのサプライズを決行する場合には、新婦さまはサプライズを見届けることができません。

一生懸命準備した新郎さまへのサプライズです。
新婦さまも、新郎さまがどんな表情をしているのか見てみたいですよね。

そんな場合には……

  • 担当のプランナーさんに自分のスマホを渡して撮影してもらう
  • 家族に協力してもらい新郎を撮影しておいてもらう
  • 注文している写真カメラマンさんや、ムービーカメラマンさんに指示書を作成し、特に新郎さまのことを重点的に撮影してもらう

などお願いしておくと良いでしょう。

だたしプランナーさんに関しては、式場によって対応できない場合もあります。
また対応できなくても、早めに伝えておけば別のスタッフさんにお願いしておいてくれる場合も。

せっかく頑張って準備したサプライズですから、写真やムービーでぜひその時の様子を残しておいてくださいね。
ふたりにとって一生の記念になるはずです。

まとめ

新婦さまから新郎さまへのサプライズについて、サプライズをするための方法やサプライズ演出をご紹介しました。

新郎さまへサプライズをするには、まず担当のプランナーさんに相談を。サプライズ内容や時間配分などのアドバイスをしてくれますよ。

サプライズは、お手紙やムービーなどあとにカタチに残る演出がおすすめ。

ただしサプライズが事前に新郎さまにバレてしまわないように、協力いただいた方にはくれぐれも‘サプライズ’であることを伝えるのを忘れないようにしましょう!

結婚式の準備と並行して、新郎さまに内緒のサプライズ準備は、準備時間や周囲への配慮など何かと気遣いも多いと思います。
でもその努力は、必ず結婚式当日に感動というカタチになって実ります。

無理せず、時には周囲への協力も仰ぎながら準備をすすめてくださいね。